DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
05. 論叢:経営学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/80

タイトル: 中国の日系企業と今後の人的資源管理
その他のタイトル: Japanese Companies in China and its Future Human Resource Management
著者: 高千穂, 安長
キーワード: 投資環境
人的資源管理
賃金制度
発行日: 2013-11-30
抄録: 本稿は,日系企業の経営スタイルのうち,人的資源管理について,2012年8月~9月に実施した厦門市,東莞市の日系企業の状況を明らかにした。その結果,今回現地調査を行った地域では,一般的な投資環境で明らかにされているデータと大きく異なった日系企業は無かった。しかし,企業の規模によって人的資源管理に差が生じている。  今後中国の日系企業は,長期雇用を前提とした人的資源管理から短期対応型の人的資源管理の導入を行い,2本立てで管理する必要がある。また,今後,日本人従業員の生活環境は厳しい日中関係が続けば容易に回復しがたいほど大きな負担となると考えられ,従来とは異なる人的資源管理が必要となってきている。
URI: http://hdl.handle.net/11078/80
出現コレクション:05. 論叢:経営学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
4_2013_17-23.pdf279.28 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください