DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 大学 >
01. 論叢・文学部紀要 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/984

タイトル: 『枕草子』「故殿の御ために」章段の〈対話〉と機能
その他のタイトル: A consideration regarding the literary ‘function’ of the dialogue from the chapter, “After the Late Regent’s Death.” in Makura no soshi.
著者: 中田, 幸司
キーワード: 枕草子
斉信
〈対話〉
贈答歌
間テクスト性
発行日: 2018-03-31
抄録:  『枕草子』の〈対話〉に贈答歌の機能を応用する。〈対話〉と地の文との関わりから表現の理解をより深化させる。また、顕在化した表現の背景に潜在化した表現を読み取ることや、間テクスト性を生かして既存の和歌をふまえるとき、より重層性のある読みができる。
URI: http://hdl.handle.net/11078/984
ISSN: 0286-8903
出現コレクション:01. 論叢・文学部紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1_2017_170-180.pdf372.51 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください