DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
02. 農学部 >
玉川大学農学部研究教育紀要 >
第2号 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/986

タイトル: 発生期のミツバチ脳における初期応答遺伝子Egrの発現解析
その他のタイトル: Expression Analysis of a Conserved Immediate Early Gene Egr in Metamorphic Brain of Honeybee
著者: 宇賀, 神篤
佐々木, 哲彦
小野, 正人
キーワード: Egr
初期応答遺伝子
ミツバチ
視覚系形成
発行日: 2018-03-08
抄録:  Zinc finger型転写因子をコードする初期応答遺伝子Egrについて、発生期のミツバチ脳を対象とした発現解析を実施した。蛹の初期から中期にかけて、一次視覚中枢である視葉においてEgrの発現上昇が観察された。脊椎動物では、発生期にEgr相同遺伝子が網膜形成に働くことが知られており、視覚系の発生への寄与に関して進化的保存性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/11078/986
ISSN: 2432-2164
出現コレクション:第2号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
2_2017_5-8.pdf312.4 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください