DSpace
 

Tamagawa University Academic Repository >
00. 学部 >
03. 工学部 >
玉川大学工学部紀要 >
第53号 >

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/11078/997

タイトル: チャンピオンシップにおけるアクティブラーニングの実践
その他のタイトル: Active learning in the championship of a robot
著者: 森, 文彦
相原, 威
大久保, 英敏
大森, 隆司
岡田, 浩之
相馬, 正宜
早川, 博章
政田, 元太
宮田, 成紀
キーワード: RaspberryPi
RaspberryPi Mouse
First-Year Experience
PBL(Project Based Learning)
Championship
発行日: 2018-03-31
抄録: The subject of “Championship” is executed at the first semester as the first-year experience. The championship of a robot, which is mentioned in this paper, is executed at the last four times of the fifteen times as an example of the active learning. A simple robot named “RaspberryPi Mouse” with a control computer named “RaspberryPi” was introduced to execute the championship. Concretely, students learned first the mechanism of the robot and then explored the optimal parameters through repeating the process of the thinking and experiment. It looks like that the students attended and learned the subject voluntary and enthusiastically.
URI: http://hdl.handle.net/11078/997
ISSN: 0371-5981
出現コレクション:第53号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3_2018_79-84.pdf528.69 kBAdobe PDF見る/開く

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください